加古川・宍粟・姫路労音サムルノリ教室のブログ


by bansyu_samul

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

昌原(チャンウォン)クンドゥ..
at 2013-05-11 13:35
クンドゥル、ジョンスン先生!
at 2012-09-02 22:55
合同練習~
at 2012-07-06 23:29
サムルノリ修行~
at 2012-05-20 19:57
ヨンチョル セム~ その5
at 2012-03-05 16:10

以前の記事

2013年 05月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

カテゴリ

全体
特別練習
クンドゥル
教室生募集
公演
民謡
未分類

フォロー中のブログ

外部リンク

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

出演~姫路労音例会「パイロン」

9月10日(土)姫路労音例会「パイロン」(アカペラ)にて歓迎演奏を行いました。
姫路労音主催ですので、姫路のメンバーが中心でしたが、宍粟、加古川からも加わって30数人で演奏しました。

今回は初めてプンムル服を着ての演奏。みんな長い紐に悪戦苦闘しましたが、カッコよく着こなしていましたよ。
ヨンチョル先生の教えをひとつひとつ心に、体に刻みながら練習してきて、イザ本番!a0220255_1516269.jpg
















(写真はリハ風景)

練習ではなかなか笑顔になれないメンバーですが、本番の幕が上がると笑顔笑顔・・・
みんな体もよく動いて、呼吸もしっかりできてて、サンスェ・姫路のこうちゃんも笑顔で雰囲気を盛り上げていて、見ていて楽しくなる演奏でした。
「本番に強いから~003.gif」なんて言葉も出ましたが、練習せずして本番に力が出せるわけもなく。いい演奏ができたのは日頃の練習の賜物です006.gif

さてさて、次は加古川労音例会「金君姫 平和コンサート」(韓国舞踊)にて歓迎演奏をする予定です。
[PR]
# by bansyu_samul | 2011-10-01 15:03 | 公演

ヨンチョル セム~ その4

月日が流れるのは早いです042.gif
ヨンチョル先生が来日されたのがもう一ヶ月も前の事になってしまいました。
教えて頂いた事を忘れないように、日々練習に励まなければ!

さてさて、「ヨンチョル セム~」のつづきです。

7/27は加古川のヨンチョル先生初練習日でもありました。(会場「野口コミュニティーセンター」)
加古川では発声練習も兼ねて楽器の練習前に民謡「新アリラン」を歌います。
「新アリラン」は日本人にも多く知られている、いわゆる”アリラン”です。
新があるって事は、旧があるって事です。
「旧アリラン」を元として、「新アリラン」は1920年代に映画「アリラン」の主題歌として作られ広まりました。
「旧アリラン」もとても味わいがあっていい曲です。
”アリラン”の長短(=チャンダン。リズムの事)はセマチと言います。
手でリズムをとりながら歌うと韓国のリズムへの理解が深まります。

加古川は播州の中では比較的若いメンバーが多いです。
普段から若干速いスピードで演奏しているのですが、ヨンチョル先生に乗せられて?この日はとっても速い速度になりました(^^;
「若いから速いですね~」と先生に言われましたが、”いやいや、普段こんな速いのやった事ないよ・・・”と心の中でつぶやきながらみんなで笑っておりました。
006.gif先生の仰せの通り、若々しく、勢いのある演奏を目指します。

<つづく>
[PR]
# by bansyu_samul | 2011-09-01 13:46 | 特別練習

ヨンチョル セム~ その3

7/27 ヨンチョル先生、日本滞在3日目~
京都の日朝協会の大橋みっちゃんご夫婦とお孫さんが、ヨンチョル先生に会いに遠い道のりを来られました。
ぜひ、クンドゥル公演を京都でもしたいと~038.gif

この日、昼の練習もありました。
昼練習は他の日も全て姫路で行いました。

プンムル服の着方を教えてもらいました。
a0220255_20218100.jpg








a0220255_2024266.jpg








こんな風に着ます。

衣装に使っている5つの色にはそれぞれ意味があります。
・・・命と幸福
・・・死
・・・天
・・・地
・・・人
なかなか深いです。この世の中の全てを表現していると言っていいでしょう。

背が低い人(写真左)は3色(青・赤・黄)ティ(帯)を蝶結びにします。
背が高い人(写真右)は3色ティ(帯)を片結びにします。
朝鮮半島の文化は、基本片結びです。
女性の民族服チョゴリ(上の方)の結び方を見てみてください。
a0220255_20594526.jpg










格好良く衣装を着け、格好良く演奏できたらいいですね006.gif

<つづく>
[PR]
# by bansyu_samul | 2011-08-08 20:48 | 特別練習

ヨンチョル セム~ その2

来られたその日の夜打合せ。
ぴさ宅でごはんを食べて、そのまま打合せに。
<食事の内容:枝豆ごはんおにぎり、キムパプ、チヂミ、豚肉エリンギ巻き、鶏唐揚げ、生野菜一夜漬け、トマト、スイカ、チュンピョン증편(蒸し餅パン) byぴさ母>

そこで分かった事!
韓国でレベルアップしたいと言えば、とにかく新しいものをやる事。
私たち(日本人)がレベルアップしたいと言えば、とにかく今の演目を正しく演奏出来るようになる事。
ヨンチョル先生と私たちの今回の目的がすこーしズレていた事にビックリしましたが、この場で無事解決し、いざ練習へ!

翌日7/26(火)は宍粟の練習日。
ケンガリ担当・中末さんのお宅で、サンスェ・あけんちゃんが作ったお料理を食べ(このあたり、人づてに聞いた事なんで間違ってたらごめんなさい^^;)、会場「城下ふれあいセンター」へ。

ヨンチョル先生のリードで、スピードが速くなった事に教室生の皆さん戸惑っておられたようですが、何度か練習するとついて来れる様になってきました。
「練習すればできる事が分かって良かった!」とあけんちゃん。
みんなを優しく、楽しく引っ張っていくヨンチョル先生のお陰で、みんな自信が付いてきたようです。

スピードが速くなるって事は、しんどくなる事じゃなくて、逆に遅い方がぎこちなくてしんどい事だったんだと分かりました。
思えば、元々サムルノリの楽器を使ってするプンムルノリは、歩きながらするものだから、軽快に歩く速度で演奏すればいいんですね。
そして、速く演奏できないのは余分な力が入ってしまっているからですね。
どんな物事でもそうですが、力入れっぱなしだと結局効果がでません。
「ここぞ!」と言う時に力を集中させ、その前後は集中させるためのしなやかな動きが必要だと言う事です。

練習後、短い交流会。
お菓子をつまみ、クンドゥルからと宍粟労音からのプレゼント交換(?^^)
クンドゥルからはクンドゥル製無添加無農薬小麦粉と慶州名物おまんじゅう(?的なお菓子)
宍粟労音からは、プク担当千賀子さんのお手製リュック。雨傘の生地で作られてるので防水になってて、素敵なリュックです。(ヨンチョル先生が身体が大きいので、ちょっと肩紐が短かったんですが、息子さんのヘソル君のとこに行くかな?^^;)

<つづく>
[PR]
# by bansyu_samul | 2011-08-04 12:53 | 特別練習

ヨンチョル セム~

7/25 クンドゥルからチョン・ヨンチョル先生が来て下さいました。
お昼過ぎ、無事到着到着~。うどん屋さんで食事してから姫路へ向かいました。
ヨンチョル先生は飛行機に乗るのが今回で3回目。
1番はじめは軍隊にいた時。(入隊100日目の休暇で江原道から釜山?に荷物を運んだとか。)
2回目は済州島へ行った時。
海外は初めてだそうです。
a0220255_18363299.jpg








姫路では姫路労音の皆さんがお待ちかね。ささやかな歓迎会をしました。
a0220255_1841562.jpg








ヨンチョル先生、ギター演奏を披露!멋있죠006.gif
a0220255_1846266.jpg








<つづく>
[PR]
# by bansyu_samul | 2011-07-28 17:52 | 特別練習